骨粗鬆症の治療は専門医へ~骨の密度をあげてボンっと元気に~

治療法は様々

Patient

骨粗鬆症の治療方法は、いくつかありますが、食生活の改善によって骨密度低下を下げることができます。専門医のもとで治療を行い、薬の服用が必要かどうか相談する事です。

詳細を確認する

若いころから注意

Doctor

骨粗鬆症にならないために、普段の食事をしっかりと取るようにします。無理なダイエットは禁物です。若い人でも変わらず、食生活や運動に対する意識をみにつけることで骨粗鬆症の対策になります。

詳細を確認する

症状ついて学ぼう

骨折などの遠からぬ原因となりうる非常に危険骨粗鬆症の治療でオススメのクリニックをまとめて紹介します。

自律神経失調症のぴったり対策調査|更年期の方必見

Nurse

歳をとってくると、背中や腰が曲がってきたと感じる人も少なくないでしょう。また、気のせいか背が縮んだと感じる人もいるでしょう。背中や腰が曲がってきたと感じるのも、背が縮んだと感じるのも気のせいではない場合があります。骨粗鬆症といった病気が原因でそのような症状が表れることがあります。骨粗鬆症は特に高齢者や中高年でかかる場合が多いです。骨粗鬆症は骨密度の低下が原因で引き起こされる病気です。骨密度が下がってくると、骨の中がスカスカという事になり、骨の強度が弱くなってきます。そのため、少しの負荷で骨が折れる可能性があるのです。骨粗鬆症は骨の強度を下げるため、骨折しやすくなるといった症状が表れますが特に高齢者は筋力も弱くなってくるため、つまずくことも多いでしょう。そのような時に、骨粗鬆症だと骨折といった大きなケガに繋がる恐れがあります。

骨粗鬆症は骨の密度を中心に考えられている病気ですが、最近では骨の質の低下も骨粗鬆症に関わってくると考えられています。骨の強度は骨密度と骨質で変わってきます。それがある程度の基準を下回ると骨粗鬆症とみなされる場合があります。基本的に骨といえば固いものをイメージする人が多いため、骨が弱くなるといってもピンと来る人は少ないでしょう。ただ、骨は新しくなったり、古くなったりを繰り返しているため骨の密度も徐々に変わってくるのです。骨粗鬆症はそれが悪循環となった時に骨の密度が下がり、おこります。骨粗鬆症の治療を行うためにも、骨粗鬆症について理解することも大切です。

判断してもらう

Nurse

骨粗鬆症かどうか病院で判断してもらうことができます。骨粗鬆症かどうかの基準は、超音波検査やMD方で骨密度の高さによって骨密度によって変わってくるため、病院で検査して確認しましょう。

詳細を確認する