お灸

どこでも働ける資格

鍼灸の専門学校が今多くの人から人気を集めています。そして鍼灸について勉強をしたいという人の多くが専門学校を選んでいます。専門学校の入学方法は場所によって違うので、オープンキャンパス等で抜かりがないようにきちんとチェックしましょう。

MENU

施術

専門の学校で技術を学ぶ

整体師になるには国家資格は必要ありませんが、プロとして活躍するなら高い技術力や医学的な知識も必要です。独学や通信教育でもある程度の勉強はできますが、よりしっかりと学ぶのであれば専門のスクールで学ぶことがおすすめです。

男性

働くために必要なもの

心理カウンセラーの資格には様々なものがあり、大学院まで進学しないといけない臨床心理士もあれば、民間講座の受講で取得できるものもあります。自分が仕事に直結させたいのかを考えて選ぶべきでしょう。卒業後の進路などを確認するのがおすすめです。

お灸

顧客をゲットする

国家資格を必要とする鍼灸師は、技術力の高さも求められます。専門学校で基礎から応用を学び、技術を磨いて働けば自然と顧客は増えていくでしょう。また、患者とのコミュニケーションも重要となります。

男女

需要が高まる整体師

高齢化社会の進行とあって整体師の需要が高まっています。整体師になるには必要な知識と技術を学べる養成学校に通うことが基本です。養成学校では体の仕組みを学ぶ座学と手技の技法を学ぶ実習が行われています。学校は全日制や夜間部等生活環境に合わせて選べます。学校に通うのが困難な人は通信講座がおすすめです。

PICK UP

お灸

どこでも働ける資格

鍼灸の専門学校が今多くの人から人気を集めています。そして鍼灸について勉強をしたいという人の多くが専門学校を選んでいます。専門学校の入学方法は場所によって違うので、オープンキャンパス等で抜かりがないようにきちんとチェックしましょう。

施術

専門の学校で技術を学ぶ

整体師になるには国家資格は必要ありませんが、プロとして活躍するなら高い技術力や医学的な知識も必要です。独学や通信教育でもある程度の勉強はできますが、よりしっかりと学ぶのであれば専門のスクールで学ぶことがおすすめです。

心理の最新の動向を知ろう

男女

基本的に求められる資質

心理カウンセラーになるためには、従来では特段の資格要件はない状態でありながら、大学院修了相当の「臨床心理士」がメジャーな資格として位置づけられてきました。しかし、日本における心理カウンセラーの世界に近年、新たな動きがありました。それは国家資格の「公認心理師」の誕生です。公認心理師は平成27年に法律が成立し、平成29年9月に施行されました。このことによって、今後は心理カウンセラーとしての基本的な資質として求められる資格が位置づけられたと考えられるでしょう。また、従来の臨床心理士も、精神科医療の現場やスクールカウンセラーなどの要件として位置づけられてきた経緯もあり、今後も一定の地位があると見込まれます。とはいえ、国家資格の誕生は有資格者の職域の確立も同時に行われることも考えられ、これまで民間資格や無資格で心理カウンセラーとして従事してきた人々にとっては、公認心理師取得のための動きを捉える必要が生じると考えられます。公認心理師は施行から5年以内であれば経過措置として現任者の実務経験をベースとして受験資格が発生するルートがあります。そのためには「現任者講習会」の受講が必要となります。現任者講習会自体は誰でも受講することができますが、実質的には現任の心理カウンセラーなどの受講が多数派と考えられます。公認心理師は今後、「大学卒業と実務経験」または「大学院修了」をベースとし、心理関係の基本的な資格となると考えられています。取得ルートや動向などに常に目を配ることが必要でしょう。