MENU

需要が高まる整体師

男女

整体師への道

高齢化社会の進行とあって、医療職の需要が高まっています。中でも整体師は、日本の国民病ともいえる肩こりや腰痛の症状を和らげることから、将来に渡って期待される職業です。医療職の多くは国家資格等の公的な資格が必要とされますが、整体師になるにはそのような特別な資格は必要とされていません。つまり、なんの資格がなくても整体師になるにはなれますが、かといって知識や技術がなくては施術することすら難しいでしょう。そのため整体師になるには、必要な知識や技術が学べる養成学校に通うことが基本です。養成学校では、人間の体の仕組みを学ぶ運動学や生理学といった座学はもちろんのこと、手技による整体の技法を実習で学びます。養成学校は昼間に学ぶ2年制の全日制の他、仕事を持つ社会人向けの夜間部を開設しているところがあり、また土日等の休日に集中して学べるコースを開設しているところもあるなど、ライフスタイルによって選択できます。なお、養成学校では課程修了後に整体師の民間資格が授与されます。先にあげたように、整体師には国家資格のような公的な資格は必要ありませんが、必要な知識と技術を修得したという証の民間資格を持つことで、就職が有利になるというメリットがあるのです。地方によっては養成学校がなかったり、家事・育児等で学校に通うのが難しいというケースもあるでしょう。このような養成学校に通うのが難しい環境にある人が整体師になるには、自宅で学べる通信講座の利用がおすすめです。通信講座はテキストだけでなく、実習の様子や手技の技法を目で見て学べるDVDがあり、しっかりと学べる教材となっています。