骨粗鬆症の治療は専門医へ~骨の密度をあげてボンっと元気に~

判断してもらう

Nurse

普段の生活に注意していても、骨粗鬆症になってしまう場合があります。骨粗鬆症かどうか不安になった場合、すぐに病院行き検査に行くようにします。ただ、検査の方法がわからないため行きづらいという人も多いので、骨粗鬆症かどうかの確認を行うためにまず、骨密度の測定を行います。骨密度が低いと、骨粗鬆症と判断される場合が多く、主に超音波検査やMD法といった判断方法があります。その他にもレントゲン検査や慎重検査を行う場合があります。骨粗鬆症と判断されたらなるべく早めに治療を行い、早期改善できるようにしていきましょう。

骨粗鬆症にもレベルがあり、治療法は変わりますが普段の生活習慣改善だけでは治療に効果が弱いとなった場合、薬物治療をする場合があります。その場合の検査方法もあり、骨密度の高さや、今までに骨折の経験があるかどうかの確認を行います。最近では喫煙の有無の確認などを行う場所もあるため事前に確認しておきましょう。骨粗鬆症と判断されるのは基本的に、骨密度の高さを見てからです。骨密度の高さを確認した後、平均的な数値に比べて、その割合の何パーセントかを確認します。骨密度の高さが、平均的な数値よりも70%以下の場合骨粗鬆症と判断されるため注意が必要です。また70%となっていても場合によっては骨粗鬆症とみなされる時もあります。骨粗鬆症は、早めに治療や予防することが大切です。そのため骨粗鬆症かどうかを判断しておく必要があります。